読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナミズキ

日々の何気ないことを・・・

鬼怒川に1泊旅行

オープンしてまだ1か月ほどの「星野リゾート 界 鬼怒川」に、妻&ワンコと一緒に泊まりに行きました。 ペットOKの部屋は1室しかないということで、結構先まで予約が埋まっていたのですが、予約が取れたのは、本当にラッキーでした。

鬼怒川に向かう途中、「日光味噌のたまり漬・上澤梅太郎商店」でらっきょうの漬物を仕入れた後、お正月向けのお酒を買い求めに立ち寄ったのが日光市今市にある「片山酒造」と「渡邊佐平商店」です。 酒蔵

渡邊佐平商店では「純米 地酒焼酎日光誉 五年熟成」という焼酎を、片山酒造では数量限定の「生原酒」と大「吟醸」を、それぞれ買い求めました。お正月が来るのが楽しみです。ちなみに、片山酒造では、妻が4種類の日本酒を試飲し、この2種類を選び、さらに「酒ケーキ」も購入しました。

「界 鬼怒川」は、起伏のある土地に建っていました。車寄せからエントランスまでは、スロープカーなるもので移動します。

部屋は専用のドッグラン付きです。スロープカーの降り場から近く、部屋の中では一番端に位置し、他のお客様との接触が少ない配慮がされています。門扉が付いていて、玄関脇から庭に出ることができます。足洗い場もあります。十分な広さがあるドッグランですが、我が家のワンコは走り回るのがあまり好きではないようで、一回りすると、部屋に戻ろうとする始末です。 ドッグラン

温泉に浸かった後は、夕食です。レストランの区切られた空間で会席料理をいただきました。

会席にはやはり日本酒ということで、栃木県塩谷町にある「松井酒造の飲み比べセットを選んで、「松の寿・男の友情・源水点」のそれぞれをフルートグラスでいただきました。それぞれの味わいを楽しむためにと、軽めのものから順番にいただけるように並べて置かれました。

飲み比べ

食事は先付けから始まり、季節を楽しめ、且つ手の込んだものが多くありました。さらに、お料理だけでなく、鹿沼組木細工を施したものや益子の陶器が素晴らしく、見た目にも楽しめるものでした。

【八寸】 八寸

【お造り】  鶏ささみ、帆立、雲丹 かんぱち、アオリイカ、鮪 蛸、ヤシオマス、生湯波 お造り

夕食後は、益子焼の壺など用いた演奏会が開かれました。壺に石を入れて音階を表しているそうです。

朝食は、まず季節の一皿として、椿に見立てたヤシオマスの刺身をいただきました。お膳には、皮は香ばしく身はふっくらと焼かれたヤシオマスの焼き物があり、とても美味しくいただきました。 朝食

チェックアウトが12時と少し遅めなので、朝食後にも温泉に浸かって、のんびりとした時間を過ごしました。 部屋露天風呂 帰りには日光駅前まで戻って、我が家では定番の「三ッ山羊羹本舗」で「水羊羹」を買い求め、「道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣」では白菜などを仕入れて、帰宅の途につきました。